UA-182961294-49
 

新規登録(新車・中古車)

 

新規登録は新車や一時抹消登録をした中古車にナンバーを取付け、公道を走れるようにする手続です。

報酬料金(費用)

(税込)

登録手数料

印紙代

ナンバープレート交付手数料

1,500円(完成検査修了証がある場合)

1,470円(希望ナンバーは値段が変わります)

​中古車

​新車

​不要(予備検査証がある場合)

1,500円(保安基準適合証がある場合)

(オプション)お客様の代わりに書類の取得をする場合

(税込)

住民表・戸籍謄本

3,300円

*この他に書類を取得するために必要となる申請手数料や交通費等実費をご負担いただきます。

*軽自動車の車庫証明が必要となる地域では別途保管場所届出の登録手数料及び報酬料金が発生します。

*軽自動車の車庫証明は当事務所で代理取得します(車庫証明のページ)

お客様にご用意していただく書類

1

自動車検査票(持ち込みによる検査を受ける場合)

自動車予備検査証又は保安基準適合証(予備検査を受けた場合)

2

完成検査修了証(新車の場合)

自動車検査証返納証明書(中古車の場合)

3

使用者であることを証する書面(譲渡証明書)

4

自動車損害賠償責任保険証明書

5

申請依頼書(所有者と使用者が異なれば双方のもの、法人は代表者印を押印)

6

使用者の住所を証する書面(個人は住民表又は印鑑証明書、(コピー可・発行後3ヶ月以内のもの)法人は登記簿謄本(コピー可・発行後3ヶ月以内のもの)

軽自動車の名義変更

 

名義変更が必要になる場合

自動車の売買、譲渡、相続などによって自動車の名義が変わる場合は名義変更を行う必要があります。この場合、変更日から15日以内に手続が必要になります。さらにナンバーの地域が変わればナンバープレートを取り変える必要があります。

報酬料金(費用)

(税込)

登録手数料

ナンバープレート交付手数料(ナンバーが変わる場合のみ必要。)

1,470円(愛知県内の場合)

希望ナンバーは値段が変わります

(オプション)お客様の代わりに書類の取得をする場合

(税込)

住民表・戸籍謄本

3,300円

*この他に書類を取得するために必要となる市役所等への手数料や交通費等実費をご負担いただきます。

*軽自動車の車庫証明が必要となる地域では別途保管場所届出の登録手数料及び報酬料金が発生します。

*軽自動車の車庫証明は当事務所で代理取得します(車庫証明のページ)

お客様にご用意していただく書類

譲渡・売買による名義変更

①旧所有者が用意する書類
1

自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)

2

申請依頼書(法人は代表者印を押印)

②新所有者、新使用者が用意する書類
3

申請依頼書(新所有者と新使用者が異なる場合は双方のもの)

(法人は代表者印を押印)

4

新使用者の住所を証する書面

個人は住民表又は印鑑証明書、法人は登記簿謄抄本又は登記事項証明書(発行後3ヶ月以内)

ナンバープレート(ナンバーが変わる場合)

相続による名義変更

1

自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)

2

被相続人の戸籍謄本等(原戸籍又は除籍等)

3

相続人全員の戸籍謄本(相続人との関係が確認できるもの)

4

自動車を相続する相続人の住民票の写し又は印鑑証明書

5

自動車を相続する相続人の申請依頼書

ナンバープレート(ナンバーが変わる場合)

軽自動車の氏名・住所変更

 

氏名・住所変更が必要になる場合

引っ越し、婚姻など住所や氏名が変わった場合は住所や氏名の変更登録を行う必要があります。この場合、変更日から15日以内に手続が必要になります。さらにナンバーの地域が変わればナンバープレートを取り変える必要があります。

報酬料金(費用)

(税込)

登録手数料

ナンバープレート交付手数料(ナンバーが変わる場合のみ必要。)

1,470円(希望ナンバーは値段が変わります)

(オプション)お客様の代わりに書類の取得をする場合

(税込)

住民表・戸籍謄本

3,300円

*この他に書類を取得するために必要となる市役所等への手数料や交通費等実費をご負担いただきます。

*軽自動車の車庫証明が必要となる地域では別途保管場所届出の登録手数料及び報酬料金が発生します。

*軽自動車の車庫証明は当事務所で代理取得します(車庫証明のページ)

お客様にご用意していただく書類

1

自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)

2

​使用者の変更の事実を証する書面

住所変更:個人の場合は住民票、法人の場合は登記簿謄抄本又は登記事項証明書(発行後3ヶ月以内)

*2回以上転居している場合は住所のつながりが証明できる住民票の除票又は戸籍の付票も必要です。

氏名変更:個人の場合は戸籍謄抄本、法人の場合は登記簿謄抄本又は登記事項証明書(発行後3ヶ月以内)

3

申請依頼書(新所有者と新使用者が異なる場合は双方のもの・法人は代表者印を押印)

ナンバープレート(ナンバーが変わる場合)

軽自動車の所有権解除

 

所有権解除が必要になる場合

自動車ローンを組んで車を買ったらローンを完済するまで車の所有権は売主(自動車販売会社等)になります。このような場合、車検証の所有者の欄は自動車販売会社等、使用者の欄は買い主の名前が記載されます。

ローンを完済すれば所有権は買い主に移りますが、所有権解除をしなければその後車を売った場合でも名義変更ができませんし廃車にすることもできません。名義変更や廃車の手続と同時に所有権解除の手続も可能ですが、車を買った販売店が倒産した場合などを考えるとローンを完済した時点で手続を行うことをおすすめします。

報酬料金(費用)

(税込)

(オプション)お客様の代わりに書類の取得をする場合

(税込)

住民表・戸籍謄本

3,300円(*この他に書類を取得するために必要となる市役所等への手数料や交通費等実費をご負担いただきます。)

お客様にご用意していただく書類

1

旧所有者の申請依頼書(旧所有者の印(代表者印)を押印したもの)

2

所有者承諾書(旧所有者の印(代表者印)を押印したもの)

3

車検証

5

住民票の写しや戸籍謄抄本の写し(車検証の住所、氏名と印鑑証明書の住所、氏名が一致しない場合)

ナンバープレート(ナンバーが変わる場合)

*軽自動車の保管場所届出が必要となる地域内で車庫が変わっていれば別途保管場所届出の登録手数料及び報酬料金が発生します。

軽自動車の車庫証明は当事務所で代理取得します(車庫証明のページ)

軽自動車の返納証明書交付(一時抹消登録)

 

報酬料金(費用)

(税込)

登録手数料

申請手数料

350円

お客様にご用意していただく書類

1

自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)

2

申請依頼書(所有者と使用者が異なる場合は双方のもの・法人は代表者印を押印)

軽自動車の解体返納(解体した場合)

 

車を廃車したのに廃車手続を行わないと車を持っていなくても自動車税の請求が来ますし、年度の途中で廃車手続を行えば自動車税が月割りで還付されるため早めの手続をした方がメリットがあります。さらに、車検の残存期間が1ヶ月以上ある場合は自動車重量税の還付も受けられます。廃車したら早めの手続をお勧めします。

報酬料金(費用)

(税込)

​お客様にご用意いただく書類

1

解体に係わる移動報告番号(リサイクル券に記載)、解体報告記録日(リサイクル業者から連絡)を記したメモ

2

自動車検査証

3

使用者・所有者双方の申請依頼書(法人は代表者印を押印)

*自動車重量税還付申請

車検証の有効期間が1ヶ月以上残っている場合は、自動車重量税の還付を受けられます。抹消登録申請と同時に還付を受ける場合は振込先の金融機関情報や個人情報をお知らせいただくようお願いします。さらに委任状には自動車重量税還付の代理権を付与する旨の記載もお願いします。

行政書士 山﨑俊

行政書士 山﨑 俊

やまさき たかし

TEL.052-915-5515

営業時間 9:00~18:00

時間外・土日祝日でもご相談に応じます

お問い合わせ