UA-182961294-49
 
  • yamasaki-legal

2023年から車検証がなくなる?

更新日:2020年12月15日



タイトルを見て驚かれる方もいらっしゃるでしょうが実は車検証そのものがなくなるのではなく2023年からICカード化されるということです。この法律は2019年に交付されていますが一般のユーザーでご存じの方は少ないのではと思い今回ブログに掲載しました。

カード化する理由の一つに政府がOSS申請(自動車登録申請や車庫証明、納税などをパソコンから一度にできるサービス)の普及を目指すということがあります。車検証が紙の現在でもOSS申請はできますが車検を例に取ると車検証と検査標章(フロントガラスの真ん中に貼ってある数字の書いたステッカー)は結局運輸支局に取りに行かなければなりません。そんなことから利用率が低調なのが現実です(私も何度も運輸支局へ車検証を受け取りに行ったことがありデータはネットで送れるのに車検証をわざわざ取りに行かなきゃいけないなんて中途半端なシステムだななんて思っていました)。そこで政府は車検証をICカード化して整備工場で車検証のデータを書き換え、検査標章も整備工場で印刷できるようにしようと計画しています。そうなれば整備から車検証の書き換え、検査標章の発券まで整備工場の中だけで1日で終わります。つまり車検証のICカード化はユーザーのためというよりは整備工場のため、そして窓口業務を効率化したい政府ためのものと言えそうです。

2023年から車検に出したら車検証がなくて車の中を探し回るなんてことのないようにご注意を(紙の車検証を発行してくれるかはわかりませんが)。