UA-182961294-49
 
  • yamasaki-legal

自動車検査の法定手数料が変わりました

国土交通省は2024年10月から車載式故障診断装置(OBD)を活用した車検(OBD車検)を実施しようとしています。これに先駆け2021年10月からOBD車検のプレテストを実施しており、これに伴う(独)自動車技術総合機構の技術管理手数料として一台あたり一律400円を追加徴収しています。


OBD車検とは?

OBD車検とは車載式故障診断装置を使った車検のことです。近年多く普及している運転支援装置(ABS、ESC、自動ブレーキ、レーンキープアシスト等)や排ガス装置で検出した異常データを法定スキャンツール(外部故障診断装置)で読み取るものです。これらの電子機器は電子制御コンピューター(ECU)で管理されており、異常があれば故障コード(DTC)が記録されます。この情報を法定スキャンツールで読み取り自動に故障を判別します。このように取得したECU情報やDTCを(独)自動車技術総合機構が運営するサーバーに送り合否の判定を行います。

今回の追加徴収は(独)自動車技術総合機構がサーバーで情報を一元管理するための情報管理手数料として行うものです。OBD車検の実施により現在の車検では確認できなかった運転支援装置などの異常を発見できるようになります。

自動車の安全性が増すことはユーザーにとっても良いことですが手数料の値上げとなると痛しかゆしと言ったところです。


最新記事

すべて表示

丁種封印再々委託とは

前回丁種封印が自動車を運輸支局まで陸送しなくてもお客様の駐車場でナンバーの取付ができる便利な制度であることを紹介しました。この丁種封印には再々委託という制度もあり、これは自動車販売店が県外の顧客に販売した場合に県外の運輸支局まで陸送することなく自社の店舗内でナンバーの取付ができる大変便利な制度です。 当事務所は次のようなケースで対応が可能です。 ケース1 愛知県外の販売店が愛知県内の顧客に販売した